宅内サーバのWEBアプリと高速化のキャッシュ方法を検討!

自宅サーバに適用する構成について、最近のWebアプリ周りのサーバ側事情を調査していました。
まず、このブログを宅内で動作させるには WordPress を動作させることが必要です。で、その構成をどうするか検討することにします。以下のようなことを考えないといけないですね。

OS:Linux で動作させますが、どのディストロビューション
(CentOS とか Fedora とか ubuntuとか)にするか?
Web:NGINX とか apache とか。
PHP:PHP7 とか HHVM とか。またはその動作方法php_fpm とか、mod_php とか。
データベース:MariaDB とか、MySQL とか。

また以下の点については、趣味のブログなので作りながら考えていくことにします。

冗長性:これは当面、1台動作で考えないことにします。落ちたら、なるはやで復旧。
運用監視:外部監視をどうするか?
バックアップ:どっかにデータをバックアップしないとです。
保守:マシンが壊れた時、または停電時など。

めんど臭いですね!(笑)ま、当初からわかっていたことですが改めて書くと考えることが多いです。

で、改めて最新の動向も探りながら、ざっくり検討することにしました。動作させるマシンはもうすでに決定済みで、前回までに決めた Ryzen 5 Pro 3400GE が動作するマシンです。Kernel を最新にしたいということもあり、Fedora かubuntuあたりにしようかと思っています。

肝心の Webサーバは、NGINX + HHVM という構成が有力でしたがどうやら最近は事情が変わっているようです。2013年〜2014年に検討した時、HHVM の高速性にはびっくりしたのが印象的でした。24時間アクセス(vmで2台構成)のベンチマーク耐久テストでも落ちなかったのを覚えています。24時間で、400万PVを達成しました。1秒間に、約46回の処理をした計算になります。ま、その直後は vmホストのSSD がぶっ壊れましたが(笑)しかし、残念なことにHHVM は、今やPHPコードを動作させることができなくなったようです。

RIP WordPress and HHVM – We’ve Had a Good Run

ちょっとショックだったので、オフィシャルサイトのドキュメントも確認しておきました。HHVM v3.30 がPHPサポートの最終とのこと! 2018/12/17 だって。もう1年以上前か。

Ending PHP Support, and The Future Of Hack

改めて最新の動向を見てみると、どうやら LiteSpeed というWEBサーバのほうが良さそうです。2015年のネタなので現在は状況が変わっているかもしれません。

PHP7 vs HHVM Benchmark Series 1: Hello World

そして、現在は HHVM よりもPHP7 が良い結果が出ているそうなので、LiteSpeed のオープンソース版である OpenLiteSpeed を使うことにしました。とりあえず、以下のような構成でいこうかと。openlitespeed-logo-1200x300.png

OS:Linux(Fedora 31 server)
Web:OpenLiteSpeed 1.6.x
PHP:PHP7.x
データベース:MariaDB10.x
WordPress代替:ClassicPress ★代替えの必要があるかちょっと使ってみる
キャッシュ:LiteSpeed Cache WordPress

LiteSpeed のWEBサーバと、WordPress のPlugin であるキャッシュ(LiteSpeed Cache WordPress)は専用設計のようです。そして、このキャッシュはWordPress代替のClassicPressでも動作するようです。

LiteSpeed Cache for WordPress
::
LiteSpeed Cache Works With ClassicPress

LSCache(青いグラフ)がそれみたいですが、速そうですね。

screenshot-1.png

また、OpenLiteSpeed と LiteSpeed との違いは以下に機能比較があります。

OpenLiteSpeed or LiteSpeed Enterprise?
https://www.litespeedtech.com/products/litespeed-web-server/editions

WordPress代替のClassicPress は一度、ローカルに入れて検討してみないとですね。

Get ClassicPress
https://www.classicpress.net/get-classicpress/

ということで、今後の課題が見えてきました。ちょっと目を話すとどんどん状況が変わるからこの業界は面白いんですよね!

CDNを使わずWEBアクセスのロードタイムが1秒を切った!

ちょっと前に、このブログのロードタイム、1秒を切りたいと話していました。

スマホからの表示速度を1秒以下にしたい!

で、enひかりの固定IP配下に作ったテスト環境でこのブログと同等のデータを引っ越して速度向上を検討していました。まず、現在の結果から出してみたいと思います。モバイルサイトの速度を比較しましょう

3.8秒から、2.2秒までアップしました。スマホ表示にはまったく手をいれていませんが、1.6秒縮まりましたね!

また、PCでのアクセスは別サイトで計測しました。まずは現状の確認。

WebPageTest Test Result Tokyo junkhack gpl jp 03 16 20 02 26 41

「LoadTime」の部分が全体を表示するまでにかかっている時間です。では、検証用に立ち上げているサイトでも同様に見ていきます。

WebPageTest Test Result Tokyo hoge gpl jp 03 16 20 03 10 36

なんと、1秒を切っています!4.5秒からなんと0.98秒までアップしました。
CDN を使わなくてもここまでアップできるものなんですね。まだチューニングする部分はたくさんありますが、今年の夏引っ越しに向けて、あれこれ研究していきたいと思います。

今回速度の向上に関して、確認したことといえば以下となります。

・WordPress のテーマは軽いのがいい → Susty WP に変えた
・CDNは使っていないが、Jetpack のCDN機能を使いました → これはあまりよろしくないかも(要研究)
・表示を10から3に変えた → もっと見たい人はほぼいないし、見たければ検索なりしてくれるから
・回線をenひかりの IP固定 v6プラス の自宅サーバにしてみた → WordPress.com はデータセンターがUSにあります。v6網のバイパスはかなり有効!

CDN は、DNS の ns を切り替えないといけなしそれなりに弊害もあるのでたぶんやらないと思います。使わなくてもここまでできるなら、あとは微調整でもっと速くなるかもしれません。Jetpack のCDN機能を使った影響なのか、それ以外が原因なのかわかりませんが、以下のように空白の時間があります。

Latest Performance Report for http hoge gpl jp GTmetrix

ということで、ロードタイムが1秒を切ったという話でした。まだまだ研究する部分がたくさんありますので、継続してあれこれやってみたいと思います。

 

 

 

 

スマホからの表示速度を1秒以下にしたい!

ブログの表示速度について、ちょっと調べてみました。

まずは測定結果からどぞ。

111

なぬぅー! 遅いですか。ふぅ。まぁ、3.8秒はちょっとイラっとするかもね。

現在は、WordPress.com の一番安いプランを使って運用していますが、この更新期限が2020年10月16日にくるんですよね。まだあと半年くらい先なんですが、やっぱり自分で運用してみようと、考えています。

まぁお金をあまりかけずに、1秒とか1.5秒とかにできれば嬉しいのですが。そういう目標をもってやっていきたいですね。

テストサイト Googleはこちら。

モバイルサイトの速度を比較しましょう
https://www.thinkwithgoogle.com/intl/ja-jp/feature/testmysite/